コンサルタント

産業医

産業医をお探しの会社担当者様へ

産業医とは労働者の健康管理を行うのに必要な医学的知識をもつ医師です。産業医になるためには、資格が必要であり、厚生労働大臣が定める研修を修了した者、労働衛生コンサルタント(保健衛生)の合格者など資格が必要です。

当院では、産業医の有資格者が数名在籍しております。貴社の健康管理に関することでしたならどのようなことでも、守秘義務を厳守いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

産業医の必要性とは   

労働安全衛生法により、事業者は、常時50人以上の労働者を使用する事業場では、業務にかかわらず、産業医を選任し所轄労働基準監督署署長へ届け出ることが義務づけられています。
高血圧、脂質異常、糖尿病、高尿酸血症、心臓病、脳梗塞、精神病、といった持病をもつ社員も増え、より一層、社員の健康管理に注意が必要となってきており、過重労働、メンタルへスなど企業の健康管理に関する法的な義務も強化されています。
健康管理は、企業にとって重要な業務となっております。産業医は、この業務には不可欠な存在です。

 

産業医の仕事は

  • 労働安全衛生法の規定による職場巡視
  • 作業環境の改善に関する提言
  • 従業員の健康の増進に関する提言
  • 生活習慣病を主とする健康増進運動
  • 職場衛生委員会の出席
  • 健康診断のデザインと実施
  • 健康診断後の事後指導
  • 健康相談(メンタルなものを含む)
  • 講演会

など

 

産業医の報酬について

1ヶ月ごとの訪問回数や社員数によりまちまちですが、ご相談に応じます。お問い合わせください。

 

労働衛生コンサルタント

労働衛生コンサルタントとは

労働安全・衛生コンサルタントは、厚生労働大臣が行う高度の試験に合格し、厚生労働省の名簿に登録を受けて開業出来る業務です。当院では、労働衛生コンサルタント(保健衛生)が数名在籍しております。
産業医の派遣以外にも、労働衛生診断、衛生改善計画の作成などの労働衛生コンサルタント業務もお受けいたします。
守秘義務を厳守いたしますので、お気軽にご相談下さい。

産業医・労働衛生コンサルタント